ダウ理論

FX ダウ理論とは?|波を三段階に分けて描く

こんにちは~しんたろうです。

 

波を引く練習はダウ理論を理解する上で重要な作業の一つです。

しかし頭ではわかっていても実際の作業に落とし込んだ場合、うまく引ける方は少ないと思います。

その上リアルタイムでトレードしながらとなると相当な経験が必要になるでしょう。

しんたろうのFX勉強会では、非効率とも思える方法で習得する作業をオススメしております。

でもそれは何故なのでしょうか?

 


波を引く作業はチャートの単純化である


まず波を引く前に何故波を引くか考えたことがありますか?

チャートは簡単に言うと神々のトレード記録と言っても過言ではありません。

そこに経済状況や一般投資家などいろいろな情報が入り込んできます。

複雑なチャートほどいろいろなグループが戦っているのです。

どこの高値安値が意識されているのか?

今現在、相場は何をしていて何を待っているのか?

いろいろな思考が飛び交っていることでしょう。

そのチャートを単純化し、もっとわかりやすくする作業が「波を引く」ということになります。

 

しんたろうのFX勉強会ではダウ理論を習得する作業を以下のように行います。

1.ダウ理論=トレンドの定義を理解する

2.高値安値が更新されたらどうなるか理解する

3.チャートに波を描く(長期足から)

4.波を三段階に分ける(大きさを大中小に区分)

このようにダウ理論を実践的に学べるように分解して勉強します。

 

それではもし読者様が波を引くとしたら以下の様なチャートではどのように引きますか?

FXデイトレード勉強会

こちらのチャートはポンド円の日足です。

一見するとかなり複雑な動きをしている箇所です。

しかし波を引く作業を行うとこんな感じになります。

FXデイトレード勉強会

これは参考例ですが、こんな感じで三段階に分けてみて頂けるとわかると思います。

複雑なチャートの動きがわかりやすくなりました。

ここから得られる情報で勝負できるか分析していくのです。

 

世界中のトレーダーは高値安値が更新するかどうかしか気にしていないと私は考えます。

ぐんぐん動く相場も長期足の重要な高値安値を壊せるかどうかが一番の注目するべき事柄です。

まずは波を引いて頂き、どこが重要な高値安値かを見つけてみてください。

そこから得られる情報がどのようなものか考えてみましょう。

 

本当に面倒で気が狂いそうになりますが、これに慣れてくると

相場を一瞬見ただけで波を引いていないのに波が見えてきます。

そういった地味な作業が勝ち続けるためには必要となってくるのです。

お金は後から必ずついてきます。

今はわからなくても必ず「なるほどね~~!!」と理解できる日が来るはずです。

 

それではまた~

 

 

 

 


応援クリック励みになります。
ポチッとお願い致します!
ローソク足トレードロジック
エントリーポイント強化チャンネル

ピックアップ記事

  1. FXデイトレード勉強会|ダウ理論 重要なトレンドの定義とは?【動画179】
  2. FXデイトレード手法|四時間足トレードと基本概念05

関連記事

  1. しんたろうのFX勉強会

    ダウ理論

    FXデイトレード勉強会|エントリーすると逆の方向へ動く方向け【動画191】

    こんにちは~しんたろうです。今回の内容は「エントリ…

  2. ダウ理論とは?|トレンドの定義その2

    ダウ理論

    FX ダウ理論とは?|トレンドの定義その2

    こんにちは~しんたろうです。…

  3. しんたろうのFX勉強会

    ダウ理論

    FXダウ理論|トレンドを知るだけでは絶対に勝てない理由とは?

    こんにちは~しんたろうです。ダウ理論を考える上でど…

  4. FXデイトレード手法

    ダウ理論

    FX ダウ理論とは?|トレンドの定義その3

    こんにちは~しんたろうです。トレンドの定義…

  5. FXデイトレード勉強会

コメント

    • ぼろ
    • 2017年 6月 14日

    こんばんは。
    はじめてコメントさせていただきます。
    FXを初めてまだまだ日は浅いのですが、最近高値・安値の重要性に気づけました。
    波の中に波があるということもわかるのですが、本文中で波を3段階に分けて書いておりますが、どうしてその高値・安値の点と点を結ぶラインが引けるのかという定義というか、基準というか、そのようなものはあるのでしょうか?
    慣れればということなのですが、人によって波の規模は違ってくると思うのですが、どうなのでしょう?

      • shintaro
      • 2017年 6月 14日

      こんにちは~しんたろうです。

      波を三段階で描くには波に含まれている修正波の規模が重要となってきます。
      波の規模をグループ分けすると三段階に描くことが出来るのですが、そのためには日足や週足で波を描けるようにならないといけません。
      このあたりは練習が必要ですので、修正波のキーワードで動画をご覧になってみてください。
      それではまた~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

凡人会の動画メルマガ

エントリーポイント強化チャンネル

しんたろうのメルマガ・デイトレ

FXデイトレード

メイソンのメルマガ・スキャル

スキャルピング手法メルマガ

FXデイトレード手法ローソク足トレードロジック完全版

ローソク足トレードロジック

最近の記事

  1. しんたろうのFX勉強会
  2. しんたろうのFX勉強会
  3. しんたろうのFX勉強会
  4. しんたろうのFX勉強会
  5. しんたろうのFX勉強会
  6. しんたろうのFX勉強会

応援クリック励みになります。

  1. トレンドの定義

    トレード勉強会(動画)

    FXデイトレード勉強会|ダウ理論 波引き猛練習徹底解説【動画125】
  2. FXデイトレード

    FX実践(動画)

    FXデイトレ実践編|トレードの精度を毎回保てるか?【動画140】
  3. FXデイトレード手法

    水平線

    FX 水平線|トレンドを決定したローソク足の存在
  4. FXデイトレード勉強会

    トレード勉強会(動画)

    FXデイトレード勉強会|アズさんからのご質問回答02と雑談|2015年10月1日…
  5. FXデイトレード勉強会

    トレード勉強会(動画)

    FXデイトレード勉強会|ローソク足ダウ理論を用いたエリオット波動論|2015年1…
PAGE TOP